HOME > 各部署 >> 薬剤部

薬剤部

病院理念に基づき安心かつ安全な薬物療法を確保し、良質な医療の提供に貢献します

薬剤部では薬の適正使用に日々努めており、病棟には専任の薬剤師を配置し、入院中の薬物療法全般に責任を持って業務を行なっています。特に透析患者さんや慢性腎臓病患者さんに関しては、常に投与量や禁忌薬に注意し、薬が安全に使用されるよう努めています。

スタッフ数(2019年12月現在)
     常勤薬剤師:3名/非常勤薬剤師:1名/助手:1名

薬剤部の業務

1.病棟薬剤業務

医師や看護師等と連携し、薬の適正使用に努めています。 患者さんの状態にあった薬の提案や、薬についての情報提供、他職種からの相談に応じています。また、注射薬の調製や薬の管理など、病棟での薬に関する事全般を管理しています。

2.薬剤管理指導業務

患者さんの持参した薬について情報収集し、入院中の薬との飲み合わせや重複投与、アレルギー、副作用などの確認をしています。患者さんのところへ直接伺い、薬についての情報を得たり、治療に使用される薬の効能や副作用についても説明を行っています。

3.調剤業務

処方せんの内容について、飲み合わせ、副作用、量、飲み方のチェックを行い正確な調剤を行っています。 患者さん一人一人に適した形で調剤を行い、調剤された薬は別の薬剤師が再度確認し、患者さんにお渡ししています。

注射薬は内服薬よりも効果が高いため、安全で適切に使用されるよう心がけています。  注射処方せんの内容について、患者名、薬品名、用量、投与経路、投与速度、特殊な保管方法などのチェックを行っています。

4.医薬品情報管理

薬に関する情報をいち早く取り入れ、院内に発信しています。
また、患者さんはもちろんのこと、医師、看護師からの薬に関する問合せにも対応しています。

5.医薬品管理

薬には使用期限があり、また各薬剤に適する保管方法があります。
医薬品の性質により、室温で保管するもの、冷蔵庫で保管するもの、光があたらないように保管するものなど分けて、常に品質の保たれた薬が患者さんへ届くように管理しています。

6.チーム医療への参加

腎臓病教室(そらまめ教室)や糖尿病教室にて、慢性腎臓病や糖尿病に使用する薬についての講義や、患者さんからの相談を受けたり、チームの一員としての活動を行っています。
また、院内カンファレンスにも積極的に参加し、患者さんの情報を得たり、薬剤師としての意見を述べたりしています。

資格取得

日本糖尿病療養指導士  1名
高知県糖尿病療養指導士 1名
腎臓病療養指導士    1名

薬剤部からのお知らせ

1.院外処方について

当院では2010年6月より、外来患者さんに対して院外処方せんを発行しています。
院外処方せんは会計時お渡ししています。お受け取りになられた院外処方せんは、かかりつけ薬局または最寄りの処方せんを受け付けている薬局へお持ち下さい。
処方せんの有効期限は、発行日を含めて4日間です。有効期限を過ぎた処方せんでは調剤できなくなりますので、お受け取りになった処方せんは早めに調剤薬局へお持ちください。

2.お薬手帳について

お薬手帳は患者さんの服用薬についての情報をかかられた病院や調剤薬局に伝える事の出来るものです。当院では退院時に伺った患者さんにはお薬手帳をお渡しし、活用方法などを説明させてもらっています。入院中に処方されたお薬の情報もお薬手帳に貼り、他の病院にかかられたときはお薬の重複など見てもらうよう伝えています。