HOME > 入院のご案内 >> 入院基準

入院基準

主疾患における当院の入退院基準

前立腺肥大症

入院・検査・手術基準
1.繰り返す尿閉およびBPHに起因する病態を合併
2.BPHの全般重症度判定基準で重症
3.全般重症度判定基準で中等度であるが、薬物療法に反応不良
手術・検査
HoLEP(ホルニウムレーザー前立腺核出術)
退院基準
術前と同様のADL確保。排尿困難の改善。
入院期間
3〜5日

前立腺癌疑い

入院・検査・手術基準
1.絶対的適応
 1)直腸診で異常
 2)PSA > 4.0ng/ml
 3)過去の生検でPIN/Atypia
2.相対的適応
 1)PSA velocity > 0.75ng/ml/y(PSA < 4.0ng/mlの場合)
 2)F/T比 < 30%
 3)前立腺癌の家族歴PSA > 2.0ng/ml
 4)年令
 40-49歳 > 2.0ng/ml、50-59歳:> 3.0ng/ml、60-69歳 > 3.5ng/ml、70歳 > 4.0ng/ml
手術・検査
前立腺針生検(経直腸的)
退院基準
発熱・肉眼的血尿・出血がない。
入院期間
2日

前立腺癌

入院・検査・手術基準
1.前立腺生検にて癌の診断
2.根治的手術の適応あり(病期Cまで)
手術・検査
前立腺全摘除術
退院基準
術前と同様のADL確保。創部感染がない。
入院期間
10〜14日

膀胱腫瘍

入院・検査・手術基準
1)膀胱鏡/エコーにて腫瘍を確認
2)膀胱全摘の適応あり、浸潤性膀胱癌(T2以上)
手術・検査
1)TUR-Bt(経尿道的膀胱腫瘍切除術)
2)膀胱全摘+尿路変更術
退院基準
1)術前と同様のADL確保。発熱・肉眼的血尿がない。
2)術前と同様のADL確保。創部感染がない。変更尿路の管理が出来る。
入院期間
1)3〜5日
2)2〜4日

腎・尿管・膀胱結石

入院・検査・手術基準
1)R2、R3:径20mm >
2)R2、R3、U1、U2、U3:径20mm以下
3)R2、R3、U1:径20mm以下
4)画像検査で膀胱結石を認める
手術・検査
1)PNL(経皮的腎砕石術)
2)TUL(経尿道的尿管砕石術)
3)ESWL(体外衝撃波結石破砕術)
4)膀胱砕石術
退院基準
1)発熱/疼痛がない。全身状態がよい。
2)発熱/疼痛がない。全身状態がよい。
3)発熱/疼痛がない。全身状態がよい。
4)発熱/疼痛がない。全身状態がよい。
入院期間
1)3〜4日
2)3日
3)外来(3日)
4)3〜4日

腎癌

入院・検査・手術基準
画像診断(CT・MRI)で腎細胞癌と診断されている
手術・検査
1)腹腔鏡下腎摘除術
2)根治的腎摘出術
退院基準
1)術前と同様のADL確保。創部感染・発熱がない。
2)術前と同様のADL確保。創部感染・発熱がない。
入院期間
1)10日
2)14日

腎盂・尿管癌

入院・検査・手術基準
画像診断(CT・DIP・RP)で腎盂尿管癌と診断されている、尿細胞診が陽性である
手術・検査
1)腹腔鏡下腎尿管全摘除術
2)腎尿管全摘除術(開放手術)
退院基準
1)術前と同様のADL確保。創部感染・発熱がない。
2)術前と同様のADL確保。創部感染・発熱がない。

腎炎

入院・検査・手術基準
持続する蛋白尿、血尿
ネフローゼ症候群
急性腎炎症候群
手術・検査
経皮的(エコー下)腎生検
退院基準
腎生検後、肉眼的血尿や腎周囲血腫の増悪がなく経過良好。
入院期間
4日

慢性腎不全、透析導入目的

入院・検査・手術基準
1)BUN、Cre上昇
2)尿毒症症状増悪、全身倦怠感、吐き気、嘔吐など
3)心不全、溢水、高血圧
4)高度の腎性貧血
5)日常生活ADL低下
※厚生労働省による導入基準点を参考に。
手術・検査
自己血管での動脈形成術、人工血管での動脈形成術
退院基準
ADLの回復。尿毒症症状の改善。不均衡症状がない。通院手段・要介護の有無の確認。

慢性腎不全、シャント作成

入院・検査・手術基準
動脈形成術作成目的
手術・検査
1)自己血管での動脈形成術
2)人工血管での動脈形成術
退院基準
1)術後感染・出血がない
2)術後感染・出血がない
入院期間
1)3日
2)3日