HOME > 入院のご案内 >> 包括請求に関して

包括請求に関して

新しい計算方式による入院医療費のご案内

当院は、厚生労働省からの指定を受け、2009年7月1日より、DPC対象病院となりました。これに伴い、入院医療費の計算方法が「出来高計算方式」から「DPC(疾病別による包括評価制度)方式」へと変更いたしましたので、ご了承願います。

DPC(疾病別による包括評価制度)方式とは
入院中、最も医療資源を投入した病名と、症状・治療内容・入院日数等に応じて、厚生労働省が定めた1日あたりの定額金額からなる包括評価部分(投薬、注射、処置、入院料等)と出来高評価部分(手術、麻酔、リハビリ、指導料等)を組み合わせて計算する新しい方式です。
したがって、病状により、包括評価部分の投薬や注射、検査等を多く行う必要があった場合でも、1日当りの包括評価部分の医療費は変わりません。
※従来は、診療内容をひとつひとつ積み上げて出来高で計算して合計する「出来高払い方式」でした。

DPC計算方式

※その他、DPCに関してご不明な事がございましたら、「DPCに関するQ&A」をご参考の上、下記までご連絡下さい。
問合せ先:医療法人尚腎会 高知高須病院 医事課 TEL/088-878-3377

DPCに関するQ&A

Q1.全ての入院患者がこの制度の対象となるのですか?

  • 2009年7月1日以降に入院した患者さんが対象となります。
    ※2009年6月30日までに入院した患者さんは2009年9月1日から対象となります。
  • 長期間入院される場合や、特定の治療等を必要とする場合には途中から出来高計算になる場合があります。

〜以下の方はDPCの対象とはなりません(出来高計算となります。)〜

  • 外来診療の患者さん
  • 2009年6月30日以前から入院されている患者様は引き続き2ヶ月の間出来高払い算定となります。
  • 自費診療、労災保険、自賠責保険適用などの患者さん
  • DPC対象外の傷病名の患者さん

Q2.DPCになると、医療費は高くなりますか?安くなりますか?

患者さんの病名・治療内容・入院日数等によって1日あたりの医療費が決まる仕組になっていますので、従来方式と比べて高くなることもあれば安くなることもあります。
また、病院ごとに厚生労働省の定めた係数があるため、同一の診断名や治療でも、病院によって医療費が若干異なる仕組みになっています。

Q3.入院中に病名が変更した場合はどうなりますか?

入院時に病名がはっきりしない場合には疑い病名でまず支払金額を決定します。
検査や治療が進むにつれて途中で病名が変更した場合は、入院時にさかのぼって変更病名で医療費の計算をやり直します。入院の月がまたがった場合などで既に途中までのお支払をすませているような場合は、前月分の過不足分を退院月で最終的に調整させていただく場合がありますのでご了承ください。

Q4.高額医療費の取扱いはどうなりますか?

高額医療制度の取扱いはこれまでと変わりありません。

Q5.入院中の食事料はどうなりますか?

食事料は、従来通りのお支払いとなります。

Q6.医療費の支払方法はどうなりますか?

支払方法は、基本的に従来と変わりません。
※医療費は、退院・毎月月末日で計算し、請求させていただきます。

Q7.治療内容は従来と変わりますか?

医療の内容及び方針については、従来と全く変わりありません。
DPCは単なる計算方式の変更だけでなく、良質な医療、効率的、効果的な医療の透明化等を図るために実施するものです。
今後も、患者さんのよき理解者、援助者となるよう、誠心誠意努力してまいります。

Q8.その他不明点はどこできけばいいの?

1階医事受付へご遠慮なくお問合せ下さい。