HOME > 病院概要 >> ご挨拶

ご挨拶

理事長 寺尾尚民

理事長 寺尾尚民当院は、1974年に「高須クリニック」という診療所からスタートし、透析医療や泌尿器科手術など、地道な診療をおこなってきました。その後、県東部から過酷な通院を余儀なくされていた患者さんのために、附属安芸診療所、室戸クリニックを開設。2002年に現在の場所に新病院を建築しましたが、コンセプトは"ゆとりと安らぎ"そして"安全"です。そして免震構造設計を採用し、さらに井水の使用、自家発電機設置等にて3日間のライフラインを確保し、予想される東南海地震に備えています。

当院は、泌尿器疾患を含め、腎疾患関連領域の総合医療を目指しており、真摯、かつ先進的な取り組みを継続していくことをモットーとしています。今日まで、尚腎会発展の一番の原動力になりましたのは、優秀な医師や各職員が連携して常に前向きに努力してくれたことであり、私が最も感謝している所であります。

今後の抱負としては、第一に法人の更なる進化のためには組織力の強化と充実が肝要と考え、そこから生まれる組織風土の醸成を期待しています。そのためには、理念を理解、咀嚼し、実践することから、組織文化や品格が備わってくるものと考えています。その成果の一端として、患者さんの満足度の向上、そして職員満足度の向上をもたらすことができると信じています。

第二に、今日、この尚腎会がありますのも、県内のたくさんの医療機関からのご助力に負うところが大変大きかったことです。これからも、感謝の気持ちをもって、この連携をさらに深めていくよう努力してまいりたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

経歴
1962年 徳島大学医学部卒業
1967年 徳島大学医学部泌尿器科大学院研究科修了
1968年 徳島大学医学部大学院講師
1970年 徳島大学医学部付属病院講師
1973年 高知赤十字病院泌尿器科、人工腎臓室部長
1974年 高須クリニック開業