HOME > 病院概要 >> 免震構造

免震構造

中間階免震構造

高知高須病院外観記憶に新しい阪神大震災の教訓を生かし、一階柱頭部に免震装置を配置した超高性能の中間階免震構造を採用しました。
安政南海地震(M8.4)の再来や中央構造線の万一の活動(M8.6)にも対応できます。

免震装置

鉛プラグ入り積層ゴム免震装置(LLRB1550Φ)

高知高須病院外観使用されている免震用のゴムは、日本最大であり、世界でも二度目の生産との事である。このLLRBが8基使われています。

すべり積層ゴム複合型免震装置(SLR)

高知高須病院外観積層ゴム機能とすべり支承機能を複合した免震装置。10基使用されています。

球体転がり支承(SBB)

高知高須病院外観免震装置の原点とも言うべき最も基本的な装置、摩擦≒ゼロの超高性能転がり支承です。40基使用されています。


設計者
株式会社THINK建築設計事務所/株式会社ダイナミックデザイン