HOME > 平成30年度高知高須病院病院指標

平成30年度高知高須病院病院指標

平成30年度 高知高須病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - - - 42 64 168 192 159 58
全体で見ると60歳以上の患者さんの割合が多く、全体の83%を占めています。
その要因として、当院の専門分野である腎、泌尿器系疾患及び透析シャント疾患の患者さんが
全患者さんの90%以上を占めていることが考えられます。
腎、泌尿器系疾患においては、慢性腎臓病、(前立腺、膀胱)悪性腫瘍、尿路結石、
前立腺肥大症等の患者さんが最も多く占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 処置1なし 副傷病なし 99 3.81 5.62 0.00 57.85
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 46 5.46 8.65 0.00 71.65
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 27 11.15 12.63 0.00 70.11
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 20 6.55 7.40 0.00 75.75
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 定義副傷病 なし 16 4.81 7.13 0.00 66.50
泌尿器科における退院患者数で最も多かったのは、
①尿路結石等を破砕し除去する経尿道的尿管砕石術(TUL)をおこなった患者さんです。
次いで②前立腺肥大症へのレーザー前立腺切除術をおこなった患者さん。
③前立腺悪性腫瘍に対してロボット支援による腹腔鏡手術をおこなった患者さん。
④膀胱腫瘍に対して経尿道的に内視鏡手術をおこなった患者さんです。
これらの入院治療に対してはクリティカルパスというスケジュール表を積極的に活用しており、
患者さんの状態を見て術後できるだけ早期に退院できるよう取り組んでいます。
各々の入院期間の目安は以下の通りです。
①3~4日間
②4~5日間
③10日間
④5~6日間
人工透析内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 89 34.04 12.05 29.21 73.42
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 処置2なし 副傷病なし 22 14.50 8.75 4.55 70.05
110280xx99001x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病:肺炎等 16 24.63 19.08 25.00 78.81
透析療法を続けていると、さまざまな原因で、
シャントトラブル、高血圧、心不全、不整脈、狭心症、脳血管疾患、肺水腫、腎性貧血、感染症、動脈硬化、栄養障害などの合併症が現れてきます。
腎不全及びこれらの疾患に対応するため患者さんの状態を見て入院治療をおこなっています。
人工透析内科における退院患者数で最も多かったのは、腎不全悪化及び上記合併症等の手術以外の治療をおこなった患者さんです。透析導入シャント作成手術、透析シャント狭窄、閉塞等バスキュラ・アクセス・トラブル(シャント・トラブル)に対して、経皮的シャント拡張術・血栓除去術(経皮的血管形成術(PTA))もおこなっています。
重症度にバラツキがあり、長期に渡って入院が必要な方にも対応しています。
退院後、自宅への退院が困難な患者さんにつきましては連携施設等への転院調整もおこなっています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx97x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 39 2.74 16.27 0.00 88.97
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 7.77 8.75 0.00 70.50
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 37.07 12.05 14.29 78.29
腎臓内科では、慢性腎臓病(CKD)が進行し、透析に至らないように食事療法や生活習慣の見直しを中心にして、複合的治療を積極的におこなっています。
教育入院を中心に、慢性腎臓病(CKD)が進行し、透析が必要になった場合は、
シャント作成手術をおこない人工透析科等と連携しスムーズに透析導入できるようサポートしています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 - - - - - - - -
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 - - -
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 102 0.63 2.25 0.98 58.32
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 56 0.95 4.93 0.00 71.95
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 46 0.78 3.67 0.00 71.65
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 27 1.00 9.15 0.00 70.11
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 23 1.04 4.39 0.00 65.09
泌尿器科で最も多かった手術は、
①尿路結石治療に対してホルミウムレーザーを用いて内視鏡的に直接結石を破砕し除去する経尿道的尿管砕石術(TUL)です。
次に多かったのは②膀胱腫瘍に対して、尿道から膀胱に内視鏡を挿入し、その先端に付いている電気メスで膀胱内の腫瘍を切除する経尿道的膀胱悪性腫瘍手術(TURBT)です。
3番目に多かったのは③前立腺肥大症に対して内視鏡の先についたホルミウムレーザーレーザーメスで止血しながら肥大部分を切除していくたホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)です。
4番目に多かったのは、④前立腺癌に対して、ロボット支援による腹腔鏡と呼ばれる内視鏡で行う前立腺摘出術です。
当院では内視鏡、レーザー等体の負担が少ない手術方法を積極的に取り入れています。
人工透析内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 25 4.04 12.48 4.00 69.16
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 13 18.38 30.15 30.77 74.46
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K608-3 内シャント血栓除去術 - - - - -
K6072 血管結紮術(その他) - - - - -
人工透析内科における手術別退院患者数で最も多かったのは、
①シャントを作成する内シャント又は外シャント設置術をおこなった患者さんです。
次に多かったのは②透析シャント狭窄、閉塞等バスキュラ・アクセス・トラブル(シャント・トラブル)に対して、シャントの耐用年数を伸ばすために、切開を伴わず、針の穿刺と血管内カテ-テルを用いた経皮的シャント拡張術・血栓除去術(経皮的血管形成術(PTA))をおこなった患者さんです。
3番目に多かったのは③人工血管を移植する血管移植術をおこなった患者さんです。
①③ともシャント・トラブル、透析導入に対しておこなわれる手術です。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 31 7.00 18.58 6.45 71.87
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
腎臓内科における手術別退院患者数で最も多かったのは、
慢性腎臓病(CKD)の進行にともなって透析が必要になり、シャント作成手術をおこなった患者さんです。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 12 1.72
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
当院の手術・処置等の合併症は、透析シャントに関する狭窄や閉塞等がほとんどです。
更新履歴
2019/09/14
平成30年度 高知高須病院 病院指標 公開しました。